メカブ めひび(メヒビ)そのまま使える 乾燥タイプ 三重県鳥羽市の海藻や ヤマウ食品

メカブって知っていますか?

メカブとはワカメの根元部分の所です。
ワカメとメカブは同じ食材なんですよ。
知らない人も多いのではないでしょうか?
上の所のひらひらとした部分がワカメで、下の生殖細胞のひだひだの部分がメカブです。

メカブの旬は、以外に短く3~5月くらいです。
本当はこの時期の生のメカブが一番美味しく頂けます。

生のメカブは、はじめ茶褐色をしているんです。
さっと熱湯をかけると鮮やかな緑色に変わります。
不思議なほど綺麗な緑色に変わります。

菅島ではメカブの事をめひび(メヒビ)と言ったりもします。
生のメカブは包丁で細かく刻みます。
千切りかな~

これがなかなか重労働、ぬめりがあるので滑りやすく非常に切りにくい!!!
なので、最近はフードプロセッサーを使う人も増えています。
残念ながら、千切りではなくてみじん切りになってしまうので千切りで食べるあの独特のコリコリ感が少し減るかな~

刻んだメカブに熱湯をかけ、鮮やかな緑色になった所でザルにあけ水切りしてからポン酢等をかけたり・・・。

私おすすめは、ポン酢+しょうがです。

温かいうどんに乗せたり、冷たいうどんに乗せたり絡めたり!

パスタにも合います。

シーチキンとメカブをパスタに和え、後はめんつゆで味付け!
そのうえに海苔やネギを散らして完成。
トロット粘りのある、和風パスタです。

お酒のおつまみにも、ごはんのお供にも最高です ☆ヽ(最´∀`高)ノ★

あとは、味噌汁に入れる!
これは超簡単で毎日でも食卓に取り入れられます。
インスタントのお味噌汁に入れても全然おいしいです。

海藻や ヤマウ食品では、生のめかぶがホントは一番おいしく食べれるのは分かっているのですが・・・

それを手軽に一年中食べて頂けるように、採れたてそのままを乾燥し商品にしました。
新鮮さ文句なしです。
これなら、毎日お好きな分をそのままお味噌汁等に入れるだけヾ(*´∀`*)ノ

海藻はとっても体に嬉しいヘルシーフードです (^O^)

自然の海の香り~潮の香り~!!!
独特のコリコリ、ネバネバ!!!
美味しい海の恵みを味わって下さい。